FC2ブログ

オパエウラ - アクア初心者が本気で飼ってみる

オパエウラ(ホロホロシュリンプ)の飼育・繫殖をメインにアクアリウムについて報告する日記(月記?)ライクのブログです。

TOP | RSS | ADMIN
|

大事件

※注意 今回は画像が殆どありません。 
      ああなってしまったオパを撮ろうという気が起きなかったからです。


引越しも終わり、ほっと一息ついたのも束の間・・・
数日後、水槽を注意深く観察すると悲しいことに1匹のオパが横倒しに斃れておりました


正直に申しますと、新しい環境への引越しだったのでいくらかの犠牲は覚悟しておりました
もちろん、そうならないように努力はしたつもりですが・・・

多少なりとも胸を痛めましたが、そのときは特に手を打たなかったのです。
後悔先に立たず。 もしこのとき何かをしていればこの先の状況も変わったかもしれません。


翌日に事態は急変します。


昨日のこともあり、気になったので朝起きてすぐに水槽を確認すると

「・・・ ・・・ ・・・。(絶句)」

まさに言葉を失いました。 
そこら中に体色がにごり、横倒しになって動かないオパ達 既に息はありません。
生き残りも動きが緩慢で、見るからに調子が悪そうです。

水に問題があると判断し、大急ぎで全体の4/5程の水換えを行いました。
しかし、その後も動かなくなってしまうオパがポツポツと出てしまい、
計10数匹のオパエウラを失ってしまいました・・・。

ですが、水換えは効果的だったようです。その後は、それ以上の犠牲が出ることはなく
コケが急に生え出してきました。
ついでに観察しやすいよう、溶岩石の数も減らしました。
P1010434.jpg



改めて原因を探ってみるとしましょう。

水質のチャックは問題ありませんでした。アンモニアや亜硝酸は検出されなかったので、
水作りに失敗したと言うわけでもなく、水あわせが悪かったとも思えません。

水道水に塩素中和剤と人口海水を入れる段階で、何かしらの毒物が混入したとしか考えられません。 でも、そんなことって・・・

なんとまぁ、大変な事をしてしまったものです・・・・・・。


スポンサーサイト



惨劇の幕開け ~序章~

87188548.jpg


お久し振りで御座います、そして壮絶な放置プレイ申し訳ありません。
実は大変な不幸が私のオパたちに降りかかりまして、気力がすっ飛んでしまいまして・・・
最近ではようやく落ち着いたので、何が起こったかのかお話したいと思います。





1ヶ月ほど放置して水作りをしていた40cm水槽。

P1010393.jpg


水質のチャックも問題なく、異常な臭いもしなかったのですが、ひとつ気になったのが・・・

コケが生えない・・・?

1ヶ月はとうに過ぎていると言うのに、まったくコケが生えなかったのです。
なので、その後もしばらく様子を見てコケが生えるまで待つことにしました。

1ヵ月半を過ぎてから、ほんのすこーしだけ茶コケが生えてきたので、オパ投入を決意。

そして5月の某日に、引越し作業を行いました。

P1010395.jpg

手順はいつも通りの・・・
点滴方式による水あわせをした後、オパのみを投入 ではなく

水あわせを行った後、ほぼ40水槽側の水質と同じになったビン水槽をそのまま沈めました。

↓こんな感じ
P1010399.jpg

乱暴なように見えますが、この方法はペットボトルを使ったビーシュリンプの水あわせの方法
の一つとしてあるので、それを真似てみました。

ゆっくりと水槽とビンの水が混ざり合う(といっても事前にほぼ同じにしていますが)ので、
慣れていった固体からビンの外へ少しづつ出て行くという寸法、らしいです。


翌朝・・・
全てのオパエウラが外へ出ていたのでビンだけを水槽から出して、引越し完了。
様子を観察しても特に異常は見受けられず、体色も赤いので、ほっと胸を撫で下ろしました。

P1010428.jpg
↑その時の健康そうに見えるオパエウラ


しかし、冒頭で述べた気がかりだった点への注意不足、
そしてあまりにも早い楽観的な考えの代償が、この数日後に形になって現れるのです・・・。

track feed オパエウラ - アクア初心者が本気で飼ってみる