FC2ブログ

オパエウラ - アクア初心者が本気で飼ってみる

オパエウラ(ホロホロシュリンプ)の飼育・繫殖をメインにアクアリウムについて報告する日記(月記?)ライクのブログです。

TOP | RSS | ADMIN
|

経過報告①

P1000091.jpg


稚オパが誕生して2週間が経過しました。

できれば画像付きで解説したいのですが、
前回説明したとおり、うまく撮影できません・・・ 

毎日観察を続けていますが、最初のころより体が大きくなっている気がします。
生まれてからしばらくは、ヨークサック(成長に必要な栄養の入った袋)で成長するようで、
これといって飼い主が何をするというものはありません。

普段は水中を漂っていて、強い光を当てるとその方向へ寄っていきます。
ゾエアステージでは頭を斜め下にして漂っているのですが、
成長して幼生になると、体を水平にして泳ぐようです。

生まれたてのころは目視で11匹確認できましたが、
今では最初のころより明らかに観察できる数が減っています。  
ざっと見たところ4~5匹でしたね。 
生まれたゾエア全てが成体に成れるというわけではなく、
より強健な個体が淘汰されていくのでしょう。まぁ、当たり前の話なのですがw

それに、現在の塩分濃度は20pptに近いのでゾエアの生存率も3pptに比べて
下がっているのも影響しているのではないでしょうか。

ゾエアの段階は水質の変化に非常に弱く、飼い主が手を加えるのは難しいです。
いまはただ1匹でも多く成長してくれるのを祈るのみです。


スポンサーサイト



気付いたら・・・

驚きの連続抱卵から2週間
ただただ抱卵したオパ母さんを暖かく見守る日々が続きました。

「・・・やることない・・・」

ここで下手に足し水水換えをして脱卵なんてした日には目も当てられないので
なんにもしませんでした。

EbiloveさんのおっしゃっていたHATCHING現象をみれるかとワクワクしていました。

「・・・ ・・・ ・・・ ( ・ω・) ふむ・・・」

しかし、やはりずーっと見ているとあきるものです
どんどんと観察する時間が減っていき、あいた60水槽の手入れや生体の導入が
楽しくて仕方なくなっているころ・・・ふとビン水槽に目をやると

P1000987.jpg

「ん・・・ あ?」  オパエウラとは別になにやら小さなモノがふわふわ漂ってました。
あわててカメラで撮るも、小さくて手元のデジカメのマクロでは上手く撮れません・・。

P1000996.jpg

これが限界ですw

カメラで撮ると小さいのですが、いざ肉眼でみて感じたのは
1cmちょっとの親オパから生まれたことを考えると大きいことですね。
はっきりと形がわかりますし。

照明をあてるとその光に集まってきます。 目視で11匹確認しました。

狭いビンにオパが39匹の過密飼育なので
泳いできた生体とぶつかってピコピコ跳ねています。
できる限り早く40水槽を立ち上げて、この過密状態を解消したいと思っているのですが・・・

track feed オパエウラ - アクア初心者が本気で飼ってみる