FC2ブログ

オパエウラ - アクア初心者が本気で飼ってみる

オパエウラ(ホロホロシュリンプ)の飼育・繫殖をメインにアクアリウムについて報告する日記(月記?)ライクのブログです。

TOP | RSS | ADMIN
|

お引越し - 仮住まい編

60cm水槽から40cm水槽へとっ越し計画 - いざ仮住まいへ
P1000842.jpg

ご無沙汰しております。
あやうく月1の更新となってしまうところでした (´Д`;)アブネェ アブネェ

この間・・・と言っても数週間前ですが・・・暇を見つけて60cmメインオパ水槽から
前回紹介したビン水槽へ全オパエウラを移動させました。
ご覧の通り、60cm水槽と器具は掃除して画像のようになっています。

まずオパエウラの捕獲のために水槽の水を減らして挑みます。
前回、殆どの溶岩石を撤去した為作業は大変スムーズに進みました。

P1000830.jpg

これが水槽にいた全てのオパエウラです。
数えてみると37匹・・・
うぅむ、最初に投入したのが37匹で先日購入した10匹を足し、ビン水槽へ先行した2匹を引くと
知らぬ間に8匹も行方不明になっていた事になります。
夏場の水温上昇最近の塩分濃度の上昇が響いたのでしょうか・・・。

やってしまったなぁ~ 
 
気を取り直して、オパ達をビン水槽の水で水合わせをして移動させます。
水合わせは毎度おなじみの点滴方式 1時間くらいで終らせました。
ビン水槽の水は元々60cm水槽から汲んだものを使っていたので、
そこまで気を使いませんでした。

P1000840.jpg

ふー、作業完了です。現在オパエウラの調子は良好で、発色も良いです。

今度は40cm水槽の水作りをしなければなりません。
その為には40cm水槽の中身を60cm水槽へ移動させなければならないので
60のほうの水作りから始めなければなりません・・・。


今後の予定ですが・・・

①60水槽があいた(今ココ!


②40水槽の中身を60に移動させる為に、60の水作りをする
↓ 水完成まで1ヶ月ほど

③40があいたので、オパエウラ用の水作りをする
↓ 水完成まで1ヶ月ほど

④オパエウラ達をビン水槽から40へ移動

一体何時になったら、引っ越し終わるんだろうか (´;ω;`)
スポンサーサイト



ホロホロ・シュリンプ購入

当ブログへお越しの皆様、明けましておめでとう御座います。

去年の8月にこのブログを始めて、早4ヶ月が経過しました。
更新はマイペースかつスローペースですが、何卒よろしくお願い致します ヽ(´ー`)ノ

先月の月末に思いもよらぬ臨時収入が入りまして、HDDの増設でもしようかと思ったのですが
ホロホロ・シュリンプのキーワードでこちらに来てくださる方が結構いらっしゃいますし、
折角なのでCharmさんでホロホロ・シュリンプ10匹注文しました。
 ※ホロホロ・シュリンプ≒オパエウラですのでご注意ください。

この寒い時期に生体を購入するのには、いくらかリスクが付きますが
Chramさんの梱包を信じることにしました。

そして数日後・・・

P1000638.jpg

ドキドキしながら開封していくと・・・

P1000639.jpg

発泡スチロールの箱に新聞紙で梱包され、かつカイロも入っていたのですが、
触ってみると結構冷たい・・・

肝心のオパエウラ(ホロホロ・シュリンプ)がちゃんと10匹生存しているか確認

P1000640.jpg

(;゚Д゚) ・・・ちっさ!
新聞紙の文字と比較してみると分かりやすいのですが、全ての固体が5~7mm程度
非常に小さいです。 でも色もよくて元気が良さそうなので安心しました。

期待していたオマケ(購入した生体数+α匹)は入っておらず、10匹ピッタリでした。
ちょっと残念 (´・ω・`)

ついでに水質もチェックしてみました。
水温は16℃とかなり低めで到着 温度あわせが大変ですねぇ・・・
塩分濃度は14ppt(比重:1.010)  これは今のメインタンクとほぼ同じで安心
pHは7.6の弱アルカリ性

温度以外は心配するほどかけ離れたものではないので、このままメインタンクに移すことに。

P1000643.jpg
水合わせ中のオパ達

じっくり時間をかけて水合わせをしたので、大きな混乱もなく無事60cm水槽に移せました。
1週間ほど経過しましたが、いい発色で元気そうです。
元から居たオパ達の半分ぐらいの大きさしかないので、すぐに見分けが付きます。

というわけで、オパエウラの購入レビューでした。 
ではでは (´ω`)ノ

track feed オパエウラ - アクア初心者が本気で飼ってみる