FC2ブログ

オパエウラ - アクア初心者が本気で飼ってみる

オパエウラ(ホロホロシュリンプ)の飼育・繫殖をメインにアクアリウムについて報告する日記(月記?)ライクのブログです。

TOP | RSS | ADMIN
|

ビン水槽の始め方

通販で購入したデジカメが届いたので、更新再開です。

今回は、1~2L程度の小型ビン水槽のセットの仕方について書きたいと思います。

ホロホロの容器から移したいけど、水槽を置くスペースもないし・・・
と考えている方の参考になれば幸いです。

私自身も、オパエウラたちを現在使用している60cm水槽から
40cm水槽へ引っ越す予定なので、その下準備も兼ねています。


まずはビンの用意ですね。
今回使用するのは以前ロフトで買って使っていた1.5L入るガラス製の容器です。
P1000016.jpg

低床には、スモールサイズのサンゴ砂を使いました。
P1000017.jpg

サラサラっと2cmほどの厚さにひいていきます。(3cm程ありますが気にしたら負けです)
砂をひき終わったら、水道水で米を研ぐように洗っておきます。
P1000019.jpg

次にレイアウトですが、隠れ家用に60cm水槽の溶岩石を拝借してきました。
あの小さなオパ達が隠れることが出来るようなものなら何でも構いません
※万一、オパ導入後に死んでしまった場合、回収が困難になるので
オパを実際に放すまで隠れ家を入れないほうが良いかもしれません。


ただその辺に落ちている石などは、よーっく洗わないと危険ですからオススメできません。
P1000020.jpg
ライブロックとまでは行きませんが、少なからずバクテリアが定着しているはずです。
それを2個持ってきて適当に配置
P1000021.jpg
水草も5ppt以下であれば、ウィローモスや浮き草を入れるのも良いでしょう。

次はですね。
私は60cm水槽から汲んだものを使ったので楽に済みましたが、
1から始める場合、水道水をカルキ抜きして、人口海水の元を任意の量加えて作ります。
水1Lに対して1gの人口海水の元を加えると、概ね1pptの塩分濃度となります。

塩分濃度は元々居たホロホロの水に近づければ問題ありません。
ちなみに、ホロホロは約20ppt ピクシーシュリンプは1~2pptとなっています。
 ※ピクシーシュリンプの塩分濃度は12pptほどです。失礼しました。
   ご指摘ありがとうございます m(_ _)m

「そんなの面倒だ!」と言う方は、ピクシーシュリンプ推奨のマイクロウォーターや、
ホロホロ推奨のXウォーターでも構いませんが、恐ろしいほどにコストが掛かってしまいます。
※Xウォーターほぼ淡水ですので、汽水環境での飼育を目指す方は、
  そこに塩分を加える為の人口海水の素が必要になります。

P1000022.jpg
水を入れたばかりなので、多少白濁していますが
時間が経てば澄んでいくので心配ありません。

あとは決めておいた場所に設置して完成です。
P1000023.jpg
容器の下に引いてあるのは、爬虫類の飼育などで使用するシート型のヒーターです。
小さい容器ではヒーターを入れるのは難しいので、このタイプのものを使用しています。
頼りなく見えますが、水温を22度以上にキープしてくれるので優れものです。
価格は2000円ほどです。

すぐにオパ達を放したい衝動に駆られますが、焦りは禁物
オパは強い子ですが、この状態で放してしまうと、全滅の憂き目にあう可能性もあります。
しっかりと2週間程度経過して環境を整えてから放してやりましょう。
 
 ※2週間では環境が整わない場合がありますので、万全を期すのであれば
   1ヶ月ほど様子を見たほうがよいでしょう。検査薬があれば水質が分かりますが、
   無い場合・・・
水がキレイ・透明  → 水中を浮遊する有機物を分解するバクテリアが定着
変な臭いがしない  → 有害な物質(アンモニア、硫化水素等)が危険なレベルではない
ミジンコが泳いでいる → 小動物が生きていけるような環境が出来ている
   のような項目を目安に、どのような環境であるか推測することが出来ます。

2週間後に60cm水槽から数匹試験的に放してみたいと思います。

ではでは (´ω`)ノ
スポンサーサイト



track feed オパエウラ - アクア初心者が本気で飼ってみる