FC2ブログ

オパエウラ - アクア初心者が本気で飼ってみる

オパエウラ(ホロホロシュリンプ)の飼育・繫殖をメインにアクアリウムについて報告する日記(月記?)ライクのブログです。

TOP | RSS | ADMIN
|

汽水で水草③ 汽水で水草は育つのか?

P1010037.jpg
大分涼しくなってきて、過ごし易い日が続いて大助かりです。

皆さんのオパ達は元気でしょうか?
私のところでは、相変わらず岩の隙間で ツマツマ ツマツマ しています。

そんな今日は、前回の報告から丁度1ヶ月経った事ですし、
オパ水槽の水草の話をしたいと思います。
 ※私の環境での話しなので100%の保障は出来かねます、参考程度に

現在のオパ水槽の塩分濃度は3~4ppt(比重:1.003程度)です。
また、pHは7.4です。


前回、私は言いました 「汽水で水草は無謀だ」 と。
どうせすぐ変色して駄目になってしまうだろうと予想していました。
現にアナカリスとマツモの最強タッグはいとも簡単に変色して腐ってしまいましたから・・・

ダメでモトモト、という気持ちで見守った1ヶ月の結果は・・・

浮き草

クロモ

グリーン・ロタラ

ウィローモス

ご覧の通り、モッサモサでございます。
多少の変色はあったものの、新芽も元気よく出して成長しています。
前回の報告と見比べてみると分かりやすいと思います。

オパエウラは調子が良いと、
体色が鮮やかな赤になるので、水草の緑に映えてとてもキレイです。

薄い汽水でも殖えることの出来た水草は下記の通りです。


浮き草:
オオサンショウモ          ドワーフフロッグピット
サルビニアス・ククラータ     リシア(浮かせた状態)、
フィランサス・フルイタンス     ニテラ、オオバナイトタヌキモ



有茎:
クロモ                 グリーン・ロタラ
アヌビアス・ナナ(プチ)



コケ:
ウィローモス




イボクサは残念ながら枯れてしまいましたが、その他の多くの水草は順調に成長しているので
薄い汽水であれば、一部の水草の飼育に重大な影響は無いと思われます。
これからも機会があれば、他の水草にも挑戦したいと考えています。

ではでは (´ω`)ノ
スポンサーサイト



汽水で水草②

汽水で水草①のつづきです。




アカウキクサ
5つ目 「アカウキクサ」 
非常に繁殖力が強く、瞬く間に水面を覆ってしまうので一般では嫌われているようです。
こちらのような環境では大歓迎ですw
小さい葉が可愛らしく、色が赤みがかっているのも新鮮ですね。
順調に数を増やしています (*´∀`)



フィランサス・フルイタンス
6つ目 「フィランサス・フルイタンス
形はフロッグピットより一回り小さく、強い光を受けると赤みが増します(画像では緑ですが)
水草を購入した際にオマケで付いてきました。
増える速度は、浮き草としては遅いほうですが、赤い葉はもちろん根も赤みがかっているので
水中から見てもキレイです。 今のところ変色等の異常は見られません。



イボクサ
7つ目 「イボクサ
こちらも水田の雑草として忌み嫌われていますw オマケで入手しました。
光に向けて真っ直ぐに育ち、秋には花を咲かせるようなので楽しみです。
新芽を次々に出していて、期待が持てます。



オオバナイトタヌキモとニテラ
8、9つ目 「ニテラオオバナイトタヌキモ
オオバナイトタヌキモはニテラを購入した際に、絡んで付いてきました。

ニテラは成長速度が速く、適当に浮かべておけば水槽一杯に増えるそうです(淡水において)
透き通っていて、緑が非常に美しいです。複雑な茂みをつくるのでオパの隠れ家に・・・
と思いましたが、ヤマトのオヤツと化していますw 数日でボロボロに (´;ω;`)
その為、段々と少なくなっています・・・。 

そして、オオバナイトタヌキモですが、調べてみると食虫植物のようです (;゚Д゚)
捕虫嚢を備えミジンコを捕食するみたいです。
ミジンコは大量に沸いていますが、実際に捕食しているのか不明 
ニテラに変わって着々と伸びています。 
ライトグリーンで非常に細い糸のようです。 レイアウトには不向きです。
・・・考えてみるとウチの水槽では、レイアウトなんて全く考えてないんですけどね(´゚ω゚`)



以上が、現在 こちらの水槽で育成可能か試験中の水草たちです。
今までは、溶岩石+低床溶岩砂という黒っぽいレイアウトで殺風景でしたが、
緑を加えてから大分賑やかになり、いい感じです。 

しかし、導入してからあまり日数も経っていませんし、結論は出せませんね・・・
もう1ヶ月ほど様子を見てから判断したいと思います。

あ、ちなみに8月11日の記事に書いてあるアナカリス、マツモ、アヌビアス・ナナ(プチ)ですが、
アナカリス、マツモはコケがまとわり付いたり、枯れたりで無くなってしまいました。
アヌビアスは不慮の事故により葉を全て失ってしまい、現在 溶岩石の隙間でひっそりと
回復中ですw 新しい葉も出しているので、大丈夫だとは思いますが・・・

何かご不明な点がありましたら、コメントにて知らせてください。

ちょっと、寂しいのでオパの画像を一枚
最近、よく表に出てきました
ピンボケしてて す゛み゛ま゛せ゛ん゛ (´;Д;`)



汽水で水草①

                  浮き草類

淡い期待が天に届いたのか、8月だと言うのに気温は26℃ 肌寒く感じるほどです。
ここ数日間、ファンもエアコンも使用していませんが水温は26℃で安定しています。
夏も終わりを見せ始めてるんでしょうか。 

さて、今日はオパ水槽の水草について書きたいと思います。
残念ながらオパの画像はありませんw

汽水水槽で水草という時点でかなり無謀な話ですが、
やはり水槽に水草が無いと殺風景で、寂しい感じがします。
オパは小さくて目立たないし、海水魚の様な色鮮やかな魚を泳がすわけにはいきませんし。

汽水と言っても、6pptの極薄いものですから、
「繁殖力の強い水草なら枯れないかも」という気持ちで何種類か選んで入れてみました。
少し数が多いので二回に分けて紹介したいと思います。



ウィローモス
1つ目は、皆さんご存知「ウィローモス」です。水槽立ち上げ時から導入しています。
導入して間もないころは、葉の変色が目立ちダメかと思っていましたが、徐々に新芽を出し今ではちゃんと溶岩石に活着しています。
ただ、成長の速度は淡水のそれと比べて遅い気がしますね・・・。
ですが、汽水でも成長しているのは確かです。


クロモ
2つ目は、「クロモ」 水槽横面からの画像です。
アナカリスとよく似ていますが、こちらのほうが茎も葉も細く、繊細な印象を受けます。
まだ導入して数日ですが、変色も見られないし、新芽も出しているのでひょっとしたら・・・


オオサンショウモ
3つ目は「オオサンショウモ(葉が大きいほうです)
以前も入っていたんですが、ヤマトが根を食べつくして全滅してしまったので再チャレンジ。
画像の通り、若干の変色している部分もありますが、全体で見れば新芽のほうが多く
「汽水では無理」と言うことにはならないかもしれません。


サルビニア・ククラータ
4つ目は、「サルビニア・ククラータ」 緑が美しく、巻いた状態の葉もキレイです。
これも繁殖力の強い浮き草で、野外にバケツに水を張って浮かべておくと直ぐに殖えます。
葉も厚く、根も密に生えているので、なんだかとても丈夫そうです。
汽水水槽でも変色は(今のところ)見られず、元気に新芽を出しています。


②につづく・・・
track feed オパエウラ - アクア初心者が本気で飼ってみる