オパエウラ - アクア初心者が本気で飼ってみる

オパエウラ(ホロホロシュリンプ)の飼育・繫殖をメインにアクアリウムについて報告する日記(月記?)ライクのブログです。

TOP | RSS | ADMIN
| OLD »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お引取りありがとうございました!

P1020101.jpg

9月末から募集しました、オパエウラのお譲りの件ですが
季節的に気温も低くなってきたため、ここで終了させて頂きます。

多数の方からご連絡を頂き、延べ140匹以上のオパエウラ達が新たな飼い主様の元へと旅立って行きました。
オパエウラ達を引き取って頂きました飼い主様の皆様には、厚くお礼申し上げます。
オパエウラ達のことをどうか宜しくお願い致します。

過密解消のための里親様募集でしたが、水槽にはまだまだ多くのオパエウラがおり、
過密状態の解消にはなっていないように思います。
目算ですが、400匹ほどいるような感じです。殖えましたねぇ。

水槽内のオパ達は200匹ほどまでにしたいと考えているので、
新たに水槽を立ち上げるか、
現在の水槽をより大型のものに変更するか、
暖かくなってきたらもう一度お引き取りのお願いをするかもしれません。
スポンサーサイト

オパエウラ お譲りします

P1060256.jpg

秋も深まってきて、随分と過ごしやすくなってきました。
環境の変化はオパエウラ達を刺激し、繁殖のきっかけにもなったりしますね。
そんなわけで水槽を覗く機会が、ここ最近増えているように思います。

さて、タイトルにもあるように、一部ですがオパエウラ達を里子に出そうかと考えております。
理由としては、繁殖が順調に進み、個体数が増え、
現在使用している水槽が過密気味になってきたことが挙げられます。

そのせいか、繁殖のペースも最近はかなり落ち着いてきています。
私の環境ではこれ以上水槽を増やすわけにも行きませんので、
こちらで引き取っていただける方を募集したいと考えました。

相場よりもお安くしますので、
興味のある方はブログ右欄にありますメールフォームにてご連絡ください。

限定150匹で、期間は本日から気温の下がってくる11月初め頃までを予定しています。


10月10日追記
現在、多数の方からご連絡を頂いております。
残り半数となりましたので、ご検討の方はお早めにご連絡下さい。
オパエウラの発送も、10月が気温などを見てもオパたちにとって負担も少なく丁度良いですからね!

動画撮ってみました



ご希望が有りましたので、オパエウラ水槽の給餌風景を撮影してみました。
コンデジでの撮影なので、あまり画質はよくありません。ご容赦下さい。

一応これが現在の一番新しい状況になります。
30匹ほどでスタートした40cm水槽ですが、結構殖えましたね!

近況報告

更新が滞ってしまっていました。
というのも、当初の目標であったオパエウラの繁殖に成功し、おおまかな繁殖条件というのも把握してきたからです。

オパエウラ自体は穏やかな環境変化には大変強い種で、繁殖も条件さえ整ってしまえば比較的容易。そして何より小さくて可愛らくし、鮮やかな赤い体色は見ていて飽きません。

より多くの人にオパエウラの飼育、そして繁殖を楽しんで貰いたいですね。


そして下の画像は今現在の私の環境です。

P1060252.jpg
基礎
水槽:40cmテトラ製ガラス水槽
水温:26℃
塩分濃度:21ppt
個体数:数百匹(詳細不明

管理
換水頻度:数ヶ月に一回(1回あたり全体の1/4程度)
給餌頻度:数日に1回
コケ取り:石巻貝さんに委託
フィルター清掃:換水時に同時に行う


P1060253.jpg

P1060256.jpg

餌(熱帯魚用の顆粒フード)を与えた直後の様子です。
最近では飽和状態なのか、抱卵も穏やかになってきています。
これ以上水槽を増やすわけにも行かないので、若いエビに関してはもう少し暖かくなったら里エビに出そうかなとも考えています。

順調に

殖えています。
特にこれといって手を加えていませんでしたが、しばらくの間は抱卵個体が常にいる状態でした。

track feed オパエウラ - アクア初心者が本気で飼ってみる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。